ページの先頭です。
ヘッダをスキップして本文へ。

TOPコラム > ITコンサルタント美咲いずみが行く

ITコンサルタント美咲いずみが行く


美咲いずみは今年29歳。5年間のITエンジニア経験を経て、経営コンサルタント亀田金太郎の助手として約1年半を過ごし、金太郎の勧めもあり、一念発起してITコンサルタントとして独立。
クライアント視点のコンサルティングをモットーに、中小企業のIT利活用のために今日もがんばっている。

筆者の紹介

森川 滋之 ITブレークスルー代表

1987年京都大学文学部を卒業後、大手システムインテグレーターに入社。20を超えるプロジェクトのリーダー、マネージャーを歴任。そのうち半分以上は自分で提案して、案件を受注してきた。
2003年ITコーディネータの資格を取得(現在は自主返上)。2005年独立し、ユーザ企業のITコンサルタントとして、IT化企画・業者選定から運用保守まであらゆる局面を支援。2008年からは、ITだけでなく経営全般のコンサルティングを開始し、セミナーとコンサルティングを通じて、数多くの中小企業経営者を支援している。
著書に『SEのための価値ある「仕事の設計」学』、『奇跡の営業所』など、IT関連雑誌への寄稿も多数ある

                

目次

第32回 ビジネスを拓くロボティクス(3)~パワーアシストスーツ

従来のロボット工学より広い概念である「ロボティクス」という言葉が注目を集めています。ここ数年で急激に製品やサービスが充実したため、全体像が見えにくくなっている方も多いのではないでしょうか。前々回から3回にわたって、ロボティックスの有望な3分野について解説しながら、全体像を描いています。… 続きはこちら

第31回 ビジネスを拓くロボティクス(2)~ドローン

従来のロボット工学より広い概念である「ロボティクス」という言葉が注目を集めています。ここ数年で急激に製品やサービスが充実したため、全体像が見えにくくなっている方も多いのではないでしょうか。前回から3回にわたって、ロボティクスの有望な3分野について解説しながら、全体像を描いています。… 続きはこちら

第30回 ビジネスを拓くロボティクス(1)~パーソナルロボット

従来のロボット工学より広い概念である「ロボティクス」という言葉が注目を集めています。ここ数年で急激に製品やサービスが充実したため、全体像が見えにくくなっている方も多いのではないでしょうか。そこで今回から3回にわたって、ロボティクスの有望な3分野について解説しながら、全体像を描いていきます。… 続きはこちら

第29回 「持たざる経営」をサポートするクラウドとアウトソーシング(3)~クラウド時代のアウトソーシング

「持たざる経営」―1990年代半ばからある言葉ですが、最近また見直されてきています。特にIT分野では、クラウドの進展とクラウドベースの運用アウトソーシングが登場したため、情報システムを「持たない」経営は現実的なものとなりつつあります。
今回は、クラウド時代の運用アウトソーシングについて解説します。… 続きはこちら

第28回 「持たざる経営」をサポートするクラウドとアウトソーシング(2)~クラウド最新事情

「持たざる経営」―、1990年代半ばからある言葉ですが、最近また見直されてきています。特にit分野では、クラウドの進展とクラウドベースの運用アウトソーシングが登場したため、情報システムを「持たない」経営は現実的なものとなりつつあります。
今回はクラウドの歴史を振り返りながら、主に最新事情を紹介します。… 続きはこちら

第27回 「持たざる経営」をサポートするクラウドとアウトソーシング(1)~持たざる経営

「持たざる経営」―、1990年代半ばからある言葉ですが、最近また見直されてきています。特にIT分野では、クラウドの進展とクラウドベースの運用アウトソーシングが登場したため、情報システムを「持たない」経営は、現実的なものとなりつつあります。
今回は「持たざる経営」とは何か、どのような課題があり、どうすれば解決できるのかを解説します。… 続きはこちら

第26回 IPOのための戦略的IT投資(3)~IPO、内部統制

成長著しい新興企業が、資金調達やブランディングのために実施するIPO(Initial Public Offering)。IPOにはどのようなタスクが必要であり、その実現のために優先的に導入すべきシステムにはどのようなものがあるのでしょうか? 今回は内部統制について考えていきます。… 続きはこちら

第25回 IPOのための戦略的IT投資(2)~IPO、財務会計、管理会計

成長著しい新興企業が、資金調達やブランディングのために実施するIPO(Initial Public Offering)。IPOにはどのようなタスクが必要であり、その実現のために優先的に導入すべきシステムにはどのようなものがあるのでしょうか? 今回は会計システムについて考えていきます。… 続きはこちら

第24回 IPOのための戦略的IT投資(1)~IPO

成長著しい新興企業が、資金調達やブランディングのために実施するIPO(Initial Public Offering)。IPOにはどのようなタスクが必要であり、その実現のために優先的に導入すべきシステムには、どのようなものがあるのでしょうか?… 続きはこちら

第23回 サイバー攻撃の最新トレンドと対策(3)~巧妙な手口でだます

サイバー攻撃対策はもはや経営課題であり、全社で取り組む課題でもあります。そのため誰もがサイバー攻撃に関するポイントを押さえておく必要があるといえます。サイバー攻撃のパターンには大きく、プログラムのぜい弱性につけこむ方法と巧妙な手口でだます方法があります。今回は巧妙な手口でだます方法を見ていきましょう。… 続きはこちら

第22回 サイバー攻撃の最新トレンドと対策(2)~プログラムのぜい弱性につけこむ

サイバー攻撃対策はもはや経営課題であり、全社で取り組むべき課題でもあります。そのため誰もがサイバー攻撃に関するポイントを押さえておく必要があると言えます。サイバー攻撃のパターンには大きく、プログラムのぜい弱性につけこむ方法と、巧妙な手口でだます方法があります。今回はプログラムのぜい弱性につけこむ方法を見ていきましょう。… 続きはこちら

第21回 サイバー攻撃の最新トレンドと対策(1)~サイバー攻撃の手口

サイバー攻撃の被害数も被害規模も増大傾向にありますが、その対策への投資は必要不可欠でありながらリターンを生まないため、経営者が率先して指示することが必要となっています。つまりサイバー攻撃対策はもはや経営課題なのです。経営者の指示で現場が対策を実施する、つまり全社で取り組む課題なので、誰もがサイバー攻撃に関するポイントを押さえておく必要があると言えます。… 続きはこちら

第20回 進化する運用管理ツール(3)~運用管理ツール、仮想化・クラウド対応

オープン系システム運用管理ツールのこの4、5年の進化は急速で、現時点で一から学ぼうとすると全体像がつかめずに混乱してしまう怖れがあります。そこで、3回にわたって、運用管理ツールの全体像および最適な選択のポイントを考えています。最終回の今回は、「仮想化・クラウド対応」というキーワードを中心に見ていきましょう。… 続きはこちら

第19回 進化する運用管理ツール(2)~運用管理ツール、運用自動化

オープン系システム運用管理ツールのこの4、5年の進化は急速で、現時点で一から学ぼうとすると全体像がつかめずに混乱してしまう怖れがあります。そこで、3回にわたって、運用管理ツールの全体像および最適な選択のポイントを考えています。2回目の今回は、「運用自動化」というキーワードを見ていきましょう。… 続きはこちら

第18回 進化する運用管理ツール(1)~運用管理ツール

オープン系システム運用管理ツールのこの4、5年の進化は急速で、現時点で一から学ぼうとすると全体像がつかめずに混乱してしまうおそれがあります。そこで、今回から3回にわたって、運用管理ツールの全体像および最適な選択のポイントを考えていきたいと思います。… 続きはこちら

第17回 運用コストダウンとサービス早期立ち上げの両立(3)~プライベートクラウド、ハイブリッドクラウド

「安く・速く・良く」が現在のシステム導入・運用・保守に求められる必要条件であり、しかもその要求レベルは年々高くなっています。このような状況で注目が集まっている技術トレンドの1つがプライベートクラウドです。3回にわたって、プライベートクラウドの現状と導入の勘所を説明してきましたが、今回が最後となります。… 続きはこちら

第16回 運用コストダウンとサービス早期立ち上げの両立(2)~プライベートクラウド

「安く・速く・良く」が現在のシステム導入・運用・保守に求められる必要条件であり、しかもその要求レベルは年々高くなっています。このような状況で注目が集まっている技術トレンドの1つが、プライベートクラウドです。前回から3回にわたって、プライベートクラウドの現状と導入の勘所を説明しています。… 続きはこちら

第15回 運用コストダウンとサービス早期立ち上げの両立(1)~プライベートクラウド

経営陣からのシステム運用・保守のコストダウン要求がこのところずっと続き、システム部門は運用品質を向上しながら同時にコストダウンもするという難問に取り組んできました。一方で、市場が変化するスピードもどんどん速くなっており、新サービスを早期に立ち上げることが業績向上のCSF(重要成功要因)となっています。つまり、「安く・速く・良く」が現在のシステム導入・運用・保守に求められる必要条件であり、しかもその要求レベルが年々高くなっているということなのです。このような状況で注目が集まっている技術トレンドの1つが、プライベートクラウドです。今回から3回にわたって、プライベートクラウドの現状と導入の勘所を考えていきます。… 続きはこちら

第14回 安全・確実なスマートデバイスの導入(3)~導入効果

3回にわたって、スマートデバイスを導入して効果を上げるにはどうしたらいいかについてお話ししています。今回は最終回です。前回は、アクセス制御の方式として、セキュアな環境にファイルサーバーを設置するというシンプルな方式と、その環境をクラウドの活用でまかなうためにはどのような要件があるかをまとめました。今回は、スマートデバイス導入で考えられる効果と、全社に展開していくための勘所について考えてみました。… 続きはこちら

第13回 安全・確実なスマートデバイスの導入(2)~クラウドの活用

前回から3回にわたって、スマートデバイスを導入して効果を上げるにはどうしたらいいかについてお話ししています。前回はスマートデバイスの導入目的を検討し、まずはパイロット部門を決め、協力して進めていくことまで決定しました。今回は、スマートデバイスの導入課題とその解決方法について考えてみます。… 続きはこちら

第12回 安全・確実なスマートデバイスの導入(1)~ファシリテーション

タブレット端末やスマートフォンなどスマートデバイスが急速に普及し、企業での成功事例が多数出てきました。しかしながら、セキュリティなどの面で課題があるのも事実ですし、またせっかく導入してもあまり使われていない企業もあるようです。導入して効果を上げている企業での取り組みはどのようなものか、今回から3回に渡って考えていきたいと思います。… 続きはこちら

第11回 基幹系システムの海外展開(3)~現地スタッフの人材育成

2回に渡って、基幹系システムを短期間で海外展開するためのポイントを説明してきました。1回目はシステム部門として大きく押さえておくべき3点を、2回目はシステム導入の方針と、サポートを依頼する場合、どのようなコンサルティング会社を選ぶべきかということでした。さらに「忘れがちなこと」があるといいます。それは何でしょうか?… 続きはこちら

第10回 基幹系システムの海外展開(2)~コンサルティング会社に依頼する前に

前回から、基幹系システムを短期間で海外展開するためのポイントを説明しています。初めての海外展開においては、ノウハウがないのが普通です。また、短期間でシステム部門のスタッフを割くのも難しいことが多い。それならば、コンサルティングを依頼するというのも1つの選択肢ですが、依頼先を探す前に決めるべき方針があるといいます。その方針とは?…続きはこちら

第9回 基幹系システムの海外展開(1)~システム部門の課題

大手製造業のグローバル展開は、円安になった2014年になっても留まる様子はありません。大手の進出に合わせて海外展開する中小製造業もかなり増えました。しかし、海外展開はスピードが命なので準備期間が短い、また少ない日本人スタッフで多くの現地スタッフと仕事をするということになります。このように大きな課題がいくつもある海外展開において、システム部門が知っておくべきポイントとは何でしょうか?…続きはこちら

第8回 自律型人材をつくるチームマネジメント(3)~人材育成、マネジメント

PMBOK(プロジェクトマネジメント知識体系ガイド)などの普及で、科学的・定量的なマネジメントがかなり浸透してきました。しかし、メンバーのモチベーションやモラール(士気)などに関しては、まだまだ問題が多いという話をよく聞きます。高い目標を自らに課し、困難に対して自発的に動き出し、問題解決を推進する自律型人材がなかなか育たないというのが悩みのようなのです。では、どうやったらそのような人材が育成できるようになるのでしょうか。…続きはこちら

第7回 自律型人材をつくるチームマネジメント(2)~人材育成、マネジメント

PMBOK(プロジェクトマネジメント知識体系ガイド)などの普及で、科学的・定量的なマネジメントがかなり浸透してきました。しかし、メンバーのモチベーションやモラール(士気)などに関しては、まだまだ問題が多いという話をよく聞きます。高い目標を自らに課し、困難に対して自発的に動き出し、問題解決を推進する自律型人材がなかなか育たないというのが悩みのようなのです。では、どうやったらそのような人材が育成できるようになるのでしょうか。…続きはこちら

第6回 自律型人材をつくるチームマネジメント(1)~人材育成、マネジメント

PMBOK(プロジェクトマネジメント知識体系ガイド)などの普及で、科学的・定量的なマネジメントがかなり浸透してきました。しかし、メンバーのモチベーションやモラール(士気)などに関しては、まだまだ問題が多いという話をよく聞きます。高い目標を自らに課し、困難に対して自発的に動き出し、問題解決を推進する自律型人材がなかなか育たないというのが悩みのようなのです。では、どうやったらそのような人材が育成できるようになるのでしょうか。…続きはこちら

第5回 ITをサービスとして捉える~ITサービス、DevOps(3)

開発担当と運用担当の利害が食い違うために協力体制が作れない、IT部門が良かれと思って導入したシステムが利用部門や顧客から不評である、ITが業績に貢献しているのかどうか分からないと経営陣から言われる―これらはよく聞かれる話ではないでしょうか。このような問題を解決した企業が口をそろえて言うのは、「ITをサービスとして捉えよ」ということです。では、「ITをサービスとして捉える」とはどういうことなのでしょうか。…続きはこちら

第4回 ITをサービスとして捉える~ITサービス、DevOps(2)

開発担当と運用担当の利害が食い違うために協力体制が作れない、IT部門が良かれと思って導入したシステムが利用部門や顧客から不評である、ITが業績に貢献しているのかどうか分からないと経営陣から言われる―これらはよく聞かれる話ではないでしょうか。このような問題を解決した企業が口をそろえて言うのは、「ITをサービスとして捉えよ」ということです。では、「ITをサービスとして捉える」とはどういうことなのでしょうか。…続きはこちら

第3回 ITをサービスとして捉える~ITサービス、DevOps(1)

開発担当と運用担当の利害が食い違うために協力体制が作れない、IT部門が良かれと思って導入したシステムが利用部門や顧客から不評である、ITが業績に貢献しているのかどうか分からないと経営陣から言われる―これらはよく聞かれる話ではないでしょうか。このような問題を解決した企業が口をそろえて言うのは、「ITをサービスとして捉えよ」ということです。では、「ITをサービスとして捉える」とはどういうことなのでしょうか。…続きはこちら

第2回 そのシステム投資額は妥当か?(2)~システム価値の“見える化”

情報システムの費用は投資であり、システム導入を検討する際には「費用対効果」を明確にすべきだという考え方は、今では多くの企業に定着していると言えるでしょう。しかしながら、「費用対効果」を定量的に計算する標準的な方法はいまだに存在しないのが現実です。前回は、ポートフォリオの考え方をシステム価値の試算に適用できることを示しました。今回は、実際にシステムの価値を試算する手順について解説します。…続きはこちら

第1回 そのシステム投資額は妥当か?(1)~システムの価値測定

情報システムの費用は投資であり、システム導入を検討する際には「費用対効果」を明確にすべきだという考え方は、今では多くの企業に定着していると言えるでしょう。しかしながら、「費用対効果」を定量的に計算する標準的な方法はいまだに存在しないのが現実です。そこで今回と次回の2回にわたって、システム導入の意思決定をするための有力な方法について解説します。…続きはこちら

資料請求・お問い合わせはこちらから

お問い合わせ

利用開始までの流れ

詳しくはこちらから。

利用開始までの流れはこちら