ページの先頭です。
ヘッダをスキップして本文へ。

TOPコラムITコンサルタント美咲いずみが行く > 第56回 時代はマルチクラウド(3)~導入の課題と対策

第56回 時代はマルチクラウド(3)~導入の課題と対策

複数のクラウドを組み合わせて利用するマルチクラウドが主流になりつつあります。
マルチクラウドは従来のクラウドとはどう違うのか、なぜ普及しているのか、そして導入に際してどのような課題があり、どうすれば解決できるのかについて、クラウドについておさらいしながら3回にわたって解説していきます。



前回のおさらい

YMC電子工業(以下YMC)は、埼玉県にある従業員約280人のEMS(Electronics Manufacturing Service)企業だ。顧問ITコンサルタントである美咲いずみは、同社の山田昭CIOからの依頼で、「マルチクラウド」についてレクチャーすることになった。

いずみはクラウドについて簡単におさらいしたあと、マルチクラウドとは「複数のパブリッククラウドを適材適所で使い分ける利用形態」だと説明した。
さらにマルチクラウドが普及しつつあることと、その背景について、クラウドごとに得意分野があること、シャドークラウドを解決するとおのずとマルチクラウドになること、フェイルオーバーや負荷分散など運用上のニーズがあることを挙げた。

導入の課題

「YMCでもマルチクラウド化を基本方針としてITインフラを見直していこうと思うのだけど、その際にはどんな課題があるのだろう?」と山田CIOが尋ねる。

いずみが答える。
「大きく4点ありますね」

いずみが言う4点の課題とは、

1) ITインフラ全体の見直し
2) 運用管理の煩雑化
3) ネットワーク設計・管理
4) セキュリティ対応

である。

1)に関しては、複数のパブリッククラウドと自社のプライベートクラウドやオンプレミスを組み合わせて、適切な費用対効果を探る必要がある。多岐にわたる深い知識とノウハウが必要となるが、それらを持つ人材はなかなかいない。

2)に関しては、さまざまな提供内容、提供形態の組み合わせになるため、当然ながら運用も複雑になる。単体のクラウドサービスを複数利用するのであれば、さほど難しくもないが、フェイルオーバーやワークロード分散などクラウド同士を自動的に連携させるとなると、とたんにハードルが高くなる。

3)に関しては、複数のクラウドを利用することで、それぞれのレスポンスを一定に保つことが難しくなる。また接続回線も増えるので、回線利用料はもちろん管理コストも膨らむ。

4)に関しては、接続先が増える分、セキュリティリスクも高まることになる。またシャドークラウド対策として、社内からどのクラウドが利用されているかをモニタリングできる機能が必要になる。

社内人材だけでは解決は難しい

「どれも重たい課題だね」と山田が溜め息をつく。
「はい。どの課題の解決も結局は、スキルとノウハウのある人材が必要になります」

主に必要となるのは以下のような人材だ。しかもそれぞれが、常に最新の知識とスキルを身に付けておくことが求められる。

■運用管理技術者

・ クラウドインフラの構成管理と監視
・ フェイルオーバー、ワークロード分散などの実施

■クラウドアーキテクト

・ 長期的なクラウド戦略全体を策定しロードマップを作成
・ クラウドやWebシステム、オープンソースソフトウェアなどの技術動向にも精通
・ 各クラウド事業者が提供する機能、コスト、監視オプション、接続アーキテクチャなどの理解

■ セキュリティ管理技術者

・ セキュリティポリシーの策定
・ クラウド環境の安全性を確保
・ 正式な訓練と公的な認定資格
・ セキュリティに関する最新知識とツールへの精通
・ ITガバナンスやコンプライアンスの基準に関する知識


「これだけの人材をすべて十分な数だけ揃えるのは、YMCには不可能だね」。山田は頭を抱えた。
「逆に言えば、社内にそのような人材を抱えるのがいいかということです。というのは、クラウド自体が『持たざる経営』のためのツールだったはずだからです」といずみ。
「なるほど。そうなると、社外の人材を活用することになるね。YMC側は社外の人材とコミュニケーションできるだけの知識を身に付け、マルチクラウドを導入する目的や方針を明確にし、要所要所でしっかりした意思決定をすることに集中する。そういうことでいいだろうか」

「はい。ご明察です! 詳細な進め方や体制の作り方は私もご協力して今から作っていくことになりますが、基本的な考え方としてはそれでいいかと思います」

山田の顔が少し明るくなった。

まとめ

  • マルチクラウドの導入には、1)ITインフラ全体の見直し、2)運用管理の煩雑化、3)ネットワーク設計・管理、4)セキュリティ対応の4点の課題がある
  • 課題解決のためには、最新の知識と高い技術、深いノウハウを持つ運用管理技術者、クラウドアーキテクト、セキュリティ管理技術者といった専門家が必要
  • このような専門家を自社内で揃えるのは困難であり、外部人材の活用も視野に入れることが必要

いずみの目

マルチクラウドの導入は時代の流れだと言えます。そして、そのメリットを最大限に享受するためには専門家との連携が必要だと考えます。


[ITブレークスルー代表 森川 滋之 記]

* この物語は、筆者の見解をもとに構成されています。
  日立システムズの公式見解を示すものではありません。
* 文章中に記載された社名および製品名は各社の商標または登録商標です。

▲画面トップへ戻る

【前回】第55回 時代はマルチクラウド(2)~マルチクラウドが普及した背景
【次回】第57回 AI最新事情(1)~「責任あるAI」とは?

ITコンサルタント美咲いずみが行く

資料請求・お問い合わせはこちらから

お問い合わせ

利用開始までの流れ

詳しくはこちらから。

利用開始までの流れはこちら