ページの先頭です。
ヘッダをスキップして本文へ。

TOP導入事例 > 人事採用向け「交通費支払代行サービス」(東レ株式会社様)

東レ株式会社様

人事採用向け「交通費支払い代行サービス」


お客さまの声

選考会参加者への「交通費支払い」業務のすべてをアウトソース
キャッシュレスにより作業工数を劇的に削減、コア業務への集中を実現

導入前の課題 導入後の効果

支払いリスト作成、交通費計算、現金の用意・封入、チェックなど、ピーク時は1日2時間もの煩雑な事務作業が発生していた。

承認とチェック以外、すべての業務プロセスを日立システムズが対応。作業工数をまるごと削減し、人事採用のコア業務時間を創出することができた。
採用ピーク時には、連日数十名近くの交通費を用意する作業に加え、予定外の増員に急遽対応する必要があり、事務作業時間が増大していた。
選考会参加者には「交通費支払い代行サービス」の案内書を印刷・配布するだけでOK。急な増員にも迅速に対応ができ、作業時間を大幅に削減できた。
工場見学など本社以外の採用プロセスでは、担当者が多額の現金を持ち歩く必要があるなど、コンプライアンス上の問題があった。
交通費の申請・承認はシステム上で完結、振込業務もすべて日立システムズが代行。キャッシュレスによるセキュリティー&コンプライアンス対策を実現。

1926 年の創立以来、繊維、プラスチック、炭素繊維などの先端材料を世に送り出すことで産業全体の発展に貢献してきた素材メーカー、東レ株式会社(以下、東レ様)。人事採用を特に重視する同社では、優秀な人財の確保を目的に遠方からの「交通費」を企業側で負担していた。
採用活動において重要な取り組みであるものの、毎年、事務作業の増大に悩む同社は、作業工数の削減を目的に日立システムズの「交通費支払い代行サービス」の導入を決断した。

導入の目的

選考会参加者への「交通費支払い」作業の工数を削減し、優秀な人財に向き合う時間を創出したい。

人財採用に力を入れる東レ様では、全国からの優秀な人財を確保するため、遠方からの選考会参加者には「交通費」を企業側で負担している。採用活動において重要な取り組みでありながら事務作業の増大は深刻で、支払いリストの作成、交通費計算、現金の用意・封入など、ピーク時には1日2時間もの工数が発生していた。社外イベントでは多額のキャッシュを持ち歩くリスクもあり、「交通費支払い」業務の改善は2年以上も前から課題として顕在化していた。

選定のポイント

「交通費支払い」のすべてをアウトソースできる点を高く評価。シンプルさ、コスト面の優位性もポイント。

 

銀行が提供している「交通費支払い」のサービスをいくつか検討されたものの、満足のいくサービスが見つからなかった。一方、日立システムズが提案するサービスは、銀行振込から問い合わせ対応まで業務のすべてをアウトソースでき、初期費用・固定費は0円、使った分だけコストが発生するというシンプルなサービス。大幅な工数の削減も見込めたため、提案後すぐさま導入決定がなされた。

システム導入効果

「導入以前にはもう戻れない!」 キャッシュレスにより作業工数を大幅に削減、コア業務への専念を実現。

「交通費支払い」に関する作業工数は丸々削減され、多額のキャッシュを持ち歩くリスクも回避。煩雑な業務からの解放により、人事本来の仕事である人財に向き合う時間が創出された。導入から3ヶ月で早くも来期の継続も決定し、人事採用部門全体の効率化に貢献している。


 

▲画面トップへ戻る

今後の展望

「企業側だけでなく選考会参加者にとっても、さらに使いやすいシステムとなることを期待しています。」

サービス導入検討時には、企業側だけではなく選考会参加者にとっても使いやすいシステムであることを入念に事前検証をした東レ様。今後は、システムを実際に利用した内定者の声も反映し、企業・候補者双方にとってさらに使いやすいシステムとなることを期待していると語った。

東レ株式会社様の声

私たちと同じ視点で一緒に考えてくれました。もうサービス導入以前には戻れませんね。 


摩庭佑弥氏


阿部悦子氏

   

提案から導入、アフターフォローまで、私たちと同じ視点に立って一緒に走ってくれたのはとてもありがたかったです。特にサービス導入時は「選考会参加者にとって使いやすいシステムなのか?」について時間をかけてこだわりましたが、非常に丁寧にお付き合いいただけたことに感謝しています。もはやサービス導入以前の状態に戻ることは、ちょっと考えられませんね。
日立システムズには来期以降も継続的にサポートいただきたい。信頼できるパートナーですね。

お客さまの概要

東レ株式会社

設立業
1926(大正15)月

資本金
147,873,030,771円
従業員数
45,881名(国内・国外関係者含む)(2014年3月31日現在)
代表者 日覺昭廣
事業内容
繊維・プラスチック・ケミカル・炭素繊維・その他先端素材の製造および販売
URL
http://www.toray.co.jp/
   

東レグループは、世界25カ国・地域で事業を展開する総合化学企業

東レのマイクロファイバー技術が誇るスエード調の人工皮革素材「エクセーヌ®」

車体の大半に炭素繊維を使った次世代EVコンセプトカー「TEEWAVE」

東レ「E & Eセンター(Environment & Energy Center)」の太陽光発電実証設備

担当より一言

日立システムズの総合力を生かし、人事総務の総合ソリューションパートナーでありたい。


日立システムズ
小泉芳子


日立システムズ
池田徳一


日立システムズ
金古愛子

SaaSシステムの構築から、ハード機器の管理・運営、問い合わせ対応などの人力対応まで含めて、すべてをアウトソースできるのは日立システムズだけと自負しています。今回ご提供した「交通費支払い代行サービス」は今後継続的にバージョンアップを重ねていきますし、また対応業務範囲をさらに広げて、人事総務担当者さまのお困りごとはどんな些細なものでも対応していきたいと思っています。人事総務の総合ソリューションパートナーとして、何でもご相談いただければと思います。

今回の取材にご協力いただいたお客さま

東レ株式会社
摩庭佑弥氏
阿部悦子氏

ご協力ありがとうございました。
*本内容は2014年7月時点の情報です。
本事例に記載の情報は初掲載時のものであり、閲覧される時点では変更されている可能性があることをご了承ください。

資料請求・お問い合わせはこちらから

お問い合わせ

利用開始までの流れ

詳しくはこちらから。

利用開始までの流れはこちら