ページの先頭です。
ヘッダをスキップして本文へ。

TOP商品を探す > 疲労・ストレス測定システム

疲労・ストレスを数値として見える化するシステム
「疲労・ストレス測定システム」

「心の健康」を最新のICT技術と運用ノウハウでサポートします。

 
疲労・ストレスにおける疾患を発症する前に、ケア・医療が必要な対象者を適切に抽出し、迅速な対応を促すことが可能です。
 
 


※ 動画作成以降に商品名を「疲労・ストレス測定システム」に変更しております。

  • 知る
  • 分かる
  • 使う

概要・特長

高精度生体センサーを用いた客観評価で疲労状態を的確に把握

  • 生体センサーを用いた自律神経状態の測定により、ご本人が認識していない疲労も事前に客観的に把握することが可能です。

最新の自律神経測定器での高精度・短時間測定

  • 測定に用いるセンサーは、複数の生体情報を収集することにより、高精度・短時間(標準2分30秒、条件によっては最短1分)での測定を実現します。

国内トップクラスの疲労科学研究従事者の監修

  • 本システムは疲労科学の権威である方々の監修の下に設計しています。

    渡辺 恭良 医学博士
    日本疲労学会 理事長
    (独)理化学研究所ライフサイエンス技術基盤研究センター センター長
    大阪市立大学 健康科学イノベーションセンター センター所長

    倉恒 弘彦 医学博士
    日本疲労学会 理事
    関西福祉科学大学健康福祉学部 学部長(教授)
    大阪市立大学医学部疲労クリニカルセンター 客員教授
    東京大学大学院農学生命科学研究科 特任教授

    小泉 淳一 工学博士
    横浜国立大学院工学研究院 教授
    未来情報通信医療社会基盤センター 教授

厚みのある運用サポート(オプションサービス)

  • 健康増進支援で多くの実績がある保健師とのカンファレンスを定期的に開催します。
  • 精神科医・産業医などのアドバイスサービスをご提供します。
  • お客さまの実情に即した、問診票(システムもしくは紙面)を作成します。
  • 問診票(オプション)の主観的評価と自律神経測定機能の客観的評価を併用することで、より精度の高い疲労・ストレス評価を行うことができます。
システムイメージ

導入効果

疲労におけるケア・医療が必要な対象者を適切に抽出し、迅速な対応を促すことが可能です。これにより、以下について期待できます。

  • 企業さまの場合、従業員さまの長期休業者数の低減
  • 自治体さまの場合、住民の方の健康増進
  • 疲労・ストレスが原因の疾患予防

機能

  • 自律神経状態のレポート出力機能
  • 測定者ごとの測定履歴保持
  • 過去の測定レポート閲覧機能
  • 管理者さま向けの年齢・性別・時期別の測定データ出力機能
  • お客さま状態に合わせた問診機能(オプション)

導入事例

大阪市立大学 健康科学イノベーションセンター様
疲労・ストレスの「見える化」により、健康科学への関心向上と進展に貢献

兵庫県 宍粟市様
数値化がしにくい「効果・効能」の「見える化」を実現
「疲労・ストレス測定システム」をシティプロモーションに有効活用

  • 知る
  • 分かる
  • 使う

動作環境・前提条件

仕様

1.クラウド型測定端末

ブラウザー Windows Internet Explorer7 以降
Firefox3 以降
(最新のセキュリティーパッチが実施されているもの)
CPU Celeron プロセッサー B840 (1.9GHz/2)以上
表示機能 15.6型ワイドHD液晶ディスプレイ(1,366 x 768)
メモリ容量 2GB以上
ディスク容量 30GB以上
OS Microsoft Windows 7(64bit)
対測定器通信機能 Bluetooth3.0以上(プロファイル:SPPが使用可能なこと)
外付けモジュール対応可能
USB(2.0以上)ポート×1
 

料金体系

価格・料金

システム運用費/月

Javascriptを有効にしてください。

※カッコ内は税込価格です。

  • インターネット接続環境はお客さまにてご準備ください。
    当社準備の場合は別途オプションとなります。

  • システム運用費には、下記が含まれます。
    ・操作サポート(Eメールでの受付・回答)
    ・クラウドサーバー利用(解析機能・データ格納機能・データ閲覧機能・レポート出力機能)

  • 別途、以下の専用ハードウェアをご購入いただく必要がございます。
    ・測定用PC
    ・自律神経測定器
    ・プリンタ(任意)

    (ご参考)初期費用として下記一式で600,000円となります。
    ・専用ハードウェア
    ・測定用PC
    ・自律神経測定器
    ・モバイルプリンタ
    ・お客さま専用クラウド環境構築
    ・測定用PCセットアップ

費用詳細については、当社営業までお問い合わせください。


導入フロー

導入時、以下の支援サービスを提供します。システム稼働までしっかりサポートしますので、お任せください。

導入支援

お客さまのご要望・ご要件・環境をヒアリングし、導入形態・方針・スケジュール・体制などを決定します。また、将来システムを有効活用するための運用サポートもご提案します。


教育

導入時に、保健福祉ご担当者さま・保健師さま向けに機器操作教育および疲労・ストレスについての基礎教育を行います。


運用サポート

ご要望に応じて、精神科医の対応、保健師のカンファレンスを定期的に開催します。


  • 知る
  • 分かる
  • 使う

約款・SLA

利用申し込み

※ 「利用申し込み」については、ネットで簡単にお申し込み手続きができるオープンクラウドマーケットプレースへの会員登録が必要となります。
会員登録後に必要な手続きを行っていただくと、ご利用が可能となります。

資料請求・お問い合わせはこちらから

お問い合わせ