ページの先頭です。
ヘッダをスキップして本文へ。

TOP商品を探す > 秘文 Endpoint Protection Service

内部不正対策、マルウェア対策、ワークスタイル改革に!
エンドポイントセキュリティ対策サービス
「秘文 Endpoint Protection Service」

企業では時間や場所にとらわれない柔軟な働き方や多様な人材の活用による働き方改革が求められています。それに伴い、いつでもどこでも、誰もが同じセキュリティのもと、安心して働ける環境が重要となっています。
「秘文 Endpoint Protection Service」では、情報漏えい対策などの機能をクラウドサービスで提供することで、従来のオフィスと同じセキュリティを場所を問わず実現します。



  • 知る
  • 分かる
  • 使う

概要・特長

導入・運用コストを抑えたエンドポイントセキュリティ対策が可能です。

概要

マルウェア対策製品との連携はこちらをご覧ください。

簡単導入

簡単運用

高セキュリティ

機能

秘文 Endpoint Protection Serviceの機能一覧

デバイス制御

デバイス使用可否制御

デバイス種別ごとにPCへの接続の許可/禁止を制御する機能です。

デバイス使用可否制御



持ち出し制御

リムーバブルメディア、外付けハードディスク、CD/DVD、印刷、ネットワークフォルダへのファイルの持ち出しを制御する機能です。

持ち出し制御



ネットワーク制御

アクセスポイント制御

管理者が許可したアクセスポイント(*)のみ利用を許可する機能です。

(*)管理者がホワイトリストに記載したSSIDを持つアクセスポイント

アクセスポイント制御



接続ネットワーク制御

許可されたネットワークである場合のみ、接続を許可する機能です。

接続ネットワーク制御



VPN利用強制

指定されたVPNサーバを利用したネットワークアクセスを強制する機能です。

VPN利用強制



ネットワーク遮断

ネットワーク自動遮断(マルウェア対策製品連携)

マルウェアに感染したPCのネットワーク通信を自動的に遮断する機能です。

ネットワーク自動遮断(マルウェア対策製品連携)


マルウェア対策製品との連携はこちらをご覧ください。


強制的に暗号化

社内利用メディアの暗号化(秘文フォーマット)

リムーバブルメディアや外付けハードディスク、CD/DVDを暗号化する機能です。同一組織内の暗号化データ受け渡し時に、本機能で暗号化したメディアを利用します。
秘文が導入されたPCであれば、ユーザーは意識せずに暗号化メディアを利用できます。

社内利用メディアの暗号化(秘文フォーマット)



社外に提供するファイルの暗号化(組織外持ち出し)

パスワード入力により復号可能な形式でファイルを暗号化し、リムーバブルメディアや外付けハードディスク、CD/DVDにファイルを持ち出す機能です。持ち出す際に強制的に暗号化されます。
パスワードによる復号が可能なため、秘文を導入していない相手ともやりとりできます。

社外に提供するファイルの暗号化(組織外持ち出し)



社外に提供するファイルの暗号化(復号型機密ファイル)

ファイルをパスワード入力により復号可能な形式で暗号化する機能です。メールやクラウドストレージのファイル受け渡しに利用します。

社外に提供するファイルの暗号化(復号型機密ファイル)



ドライブ/ファイルサーバの暗号化

ハードディスクの暗号化

内蔵ハードディスクをドライブごとに暗号化する機能です。利用者に意識させることなく暗号化や復号を行います。

ハードディスクの暗号化



ファイルサーバの暗号化

ファイルサーバ上のファイルを、共有フォルダ単位で暗号化する機能です。

ファイルサーバの暗号化



ファイル保護

ファイル保護

会社が許可したプログラムからのみ機密データやOS管理領域にアクセスを許可する機能です。

ファイル保護



ログ管理

ログ取得

USBメモリへのファイルコピーなどの持ち出し、デバイスの接続、ファイル操作およびネットワーク接続(アクセスポイント)などのログを取得する機能です。取得したログはクラウドで管理します。

ログ取得



ログ管理

クライアントで取得したログをクラウドで収集、管理する機能です。収集したログは管理ページで確認でき、ログの絞り込み検索も可能です。

ログ管理



ポリシー管理

ポリシー管理

Web画面から秘文クライアントの最新のポリシーを確認する機能です。過去のポリシー情報を確認したり、ポリシー設定ファイルをクラウドにアップロードすることで、簡単にポリシーを変更することもできます。

ポリシー管理



クライアント接続状況の把握

クライアントの秘文サーバへの接続状況を確認する機能です。  接続状況を把握することにより、保有ライセンス数の見直しの目安としてご利用いただけます。

クライアント接続状況の把握

  • 知る
  • 分かる
  • 使う

動作環境・前提条件

動作環境はこちらをご覧ください。

料金体系

価格はこちらをご覧ください。

FAQ

「秘文 Endpoint Protection Service」は、これまでの秘文シリーズ「秘文 Device Control」、「秘文 Data Encryption」、「秘文 Data Protection」とは別製品になるのですか?
秘文 Endpoint Protection Serviceは、秘文 Device Controlと秘文 Data Encryptionで提供しているセキュリティ対策をクラウドサービスで提供するもので、デバイス制御やデータの暗号化といったセキュリティ対策の機能は変わりません。お客さまの管理者から見ると秘文サーバが日立ソリューションズのクラウド上にあり、日立ソリューションズが秘文サーバの運用を行うため、秘文の導入、運用の負担を減らせます。
クライアントPCには、秘文のインストールが必要になりますか?
必要です。
Microsoft Updateを行うことで、秘文の更新プログラムを自動でインストールできますか?
お客さまでWSUS(*)を導入していれば、日立ソリューションズから提供される秘文のパッチプログラムをWSUSに登録いただくことでクライアントPCに秘文のパッチプログラムが配信されるようになります。パッチプログラムの提供はいずれも当社のサポートサービス(@Service24)で提供しているダウンロードサイトからご提供します。
(*)WIndows Server Update Services:Microsoft社が提供するサーバアプリケーションで、Windowsなどの更新プログラムを配信・適用するもの
  • 知る
  • 分かる
  • 使う

無料トライアルへ申し込む

無料トライアルはこちらから。

利用申し込み

※上記記載された製品はそれぞれの各社の製品名、商標または登録商標です。