ページの先頭です。
ヘッダをスキップして本文へ。

TOP商品を探す > SaaS型運用管理システム Service Desk Platform

SaaS型運用管理システム
「Service Desk Platform」

SaaS型運用管理システム Service Desk Platform とは

Service Desk Platform(*)は、サービスデスク業務を支援するために必要な機能をSaaS型で提供するサービスです。
ITサービスマネジメントのベストプラクティスであるITILに基づく運用管理システムをSaaS型で提供することで低コスト、短期間での導入を実現し、ITサービスの適正化・効率化をサポートします。
*Service Desk Platformは、株式会社日立システムズが提供する運用マネジメントサービスで培ったノウハウを実装した実績ある社内利用ソフトウェアをベースに開発しています。

  • 知る
  • 分かる
  • 使う

概要・特長

いつでもどこでも情報共有により、業務の見える化を推進します。

インターネット環境があれば、サービスデスクと二次サポート、開発部署と運用部署などの関連部門間で、必要な情報をスムーズに共有できます。その結果、現場での問題の早期発見や業務の効率化/改善に役立ちます。

SaaS型だから低価格、短期間での導入が可能です。

特殊な設備は必要なく、導入後の運用に煩わされることもありません。
また、すべての機能を1つのパッケージで提供し、過去1年間のインシデントなどのレコード登録件数、添付ファイル登録容量により価格を設定しますので、ユーザー追加によるライセンスの購入費用はかかりません。

対応履歴の一元管理で効率的な運用をサポートします。

システム運用、トラブル対応などあらゆるイベントおよび対応履歴を一元的に管理し、ノウハウを蓄積できるため、オペレータの対応スキル向上や属人的な運用からの脱却が図れます。

機能

メールの自動取込

あらかじめ決められたメール宛先にメールを送付すると、Service Desk Platformにインシデント情報として登録されます。
この機能で監視ツールからのアラートをメールを介して登録したり、エンドユーザからの問い合わせをメールで受け付けることができます。

テンプレートで簡単登録

新規登録時にあらかじめ登録したテンプレートを利用することができます。
テンプレートに沿って必要事項を入力することで、入力作業を効率的に行うことができ、入力漏れの防止にも役立ちます。

カレンダーで作業漏れ防止

期限を設定している案件をカレンダーで表示します。
カレンダーで表示されることにより一目で作業期限を把握でき、作業漏れや報告漏れを防ぐことができます。

スムーズなエスカレーション

インシデント管理から問題管理へ、問題管理から変更・リリース管理へのエスカレーション時には、案件同士の関連付けが行われ、相互参照することができます。

運用に合わせた画面カスタマイズ

各画面に表示される項目の名称や表示の有無、必須項目の設定、セレクト形式項目のリスト内容等を自由に変更でき、お客さまの運用にあわせたカスタマイズができます。

  • 知る
  • 分かる
  • 使う

料金体系

提供価格

サービス項目 提供価格
Service Desk Platform 初期費用

Javascriptを有効にしてください。


月額費用

Javascriptを有効にしてください。


※過去1年間のインシデントなどのレコード登録件数が50,000件まで、かつ添付ファイル登録容量が2GBまで、かつ累積添付ファイル登録容量が10GBまで
導入支援サービス 個別見積
レポーティングサービス 個別見積
IPアドレス制御 作業費用

Javascriptを有効にしてください。


月額

Javascriptを有効にしてください。


※指定可能なIPアドレス数は最大10IPまで

Javascriptを有効にしてください。

  • 知る
  • 分かる
  • 使う

利用申し込み

資料請求・お問い合わせはこちらから

お問い合わせ