ページの先頭です。
ヘッダをスキップして本文へ。

TOP商品を探す > サイバー攻撃分析サービス 【脅威判定】

サイバー攻撃分析サービス 【脅威判定】

日々姿を変えて侵入を試みるサイバー攻撃/マルウェアに対して、セキュリティ人材不足は深刻的な問題。
お客さまに代わって、「マルウェアかも?」の脅威を、セキュリティスペシャリストが代行して調査します。

  • 知る
  • 分かる
  • 使う

概要・特長

怪しいファイルのハッシュ値を、当社サポート窓口にご連絡いただくだけ!翌営業日には怪しいファイルの脅威判定結果をレポート。サーバーの構築やエージェントのインストールは不要で、すぐにご利用いただけます。

特長

機能

マルウェア対策製品が検知した「怪しいかも?」のグレーなファイルのハッシュ値情報をご提供いただくことで、当社のセキュリティエキスパートが最新の脅威情報を駆使してマルウェアか否かの判定をします。

  • 知る
  • 分かる
  • 使う

画面イメージ

画面イメージ

動作環境・前提条件

前提条件 ・ご依頼時に対象ファイルのハッシュ値(MD5)が必要
・判定可能なファイルの種類はWindowのPEファイル(exe、dll、sysファイル)

料金体系

新規・更新 (12ファイル)3万円/月×12か月 (税別)
回数追加オプション (1ファイル)3万円 (税別)


※1式あたりの金額です。(1回の申し込みで5式まで購入可能です。)
※契約期間は12ヶ月です。

FAQ

レポートは、どのように提供されますか?
当社製品のサポートWebページ「@Service24」にアップロードさせていただきます。
https://service24.hitachi-solutions.co.jp/Session
アップロードされたレポートの保存期間について教えてください。
登録されたレポートは、速やかにダウンロードし保存してください。
登録から1か月以上経過したレポートは、予告なく削除させていただきます。
ファイルのハッシュ値の取得方法について教えてください。
ファイルのハッシュ値(MD5)はWindows Vista/WindowsServer2008以降のWindowsOSに標準で付属している「certutil.exe」コマンドでご確認いただけます。コマンドプロンプトからの「certutil.exe」コマンドの実行例を次に示します。
------------------------------------------------------------------
>certutil.exe -hashfile "対象ファイルのフルパス" MD5
------------------------------------------------------------------
脅威データベースとは何ですか?
最新の脅威情報を日々収集している第3者機関の脅威情報データベース(=脅威DB)を活用して、お客さまから収集した情報の脅威を判定しています。脅威DBは、リアルアイムに未知の脅威を収集し更新されます。多くの製品の脅威判定にも利用されており、高い実績と信頼性を兼ね備えております。
  • 知る
  • 分かる
  • 使う

商品のカタログをダウンロードする

商品カタログは、下記をご確認ください。

商品カタログはこちら

約款・SLA

利用申し込み

※ 「利用申し込み」については、ネットで簡単にお申し込み手続きができるオープンクラウドマーケットプレースへの会員登録が必要となります。
会員登録後に必要な手続きを行っていただくと、ご利用が可能となります。